2014年

Presentation list FY2014

日本化学会第95春季年会(日本大学 船橋キャンパス・船橋・2015/3/26-29)

シクロメタレート型白金複核錯体が示す多段階クロミック特性

吉田 将己・舌間 穂高・中島 愛梨・屋代 尚希・小林 厚志・加藤 昌子
講演番号:1F2-32

 

水素結合能を有するシクロメタレート型Pt(II)錯体の合成と発光特性

蝦名 昌徳・吉田 将己・小林 厚志・加藤 昌子
講演番号:1F2-34

 

カルボキシ基を有するターピリジン白金(II)錯体のベイポクロミズム

大泉 詩織・重田 泰宏・吉田 将己・小林 厚志・加藤 昌子
講演番号:1F2-35

 

発光性白金(II)錯体“イオン液体”の合成と発光特性

小川 知弘・吉田 将己・小林 厚志・加藤 昌子
講演番号:2F2-01

 

ジホスフィン配位子への系統的な芳香環導入による銅(I)複核錯体の発光色制御

岡野 友香・大原 裕樹・吉田 将己・小林 厚志・加藤 昌子
講演番号:3F5-28

 

金属間相互作用を利用したマルチクロミック錯体系の構築

小林 厚志
講演番号:1SB-10(特別企画講演)

 

 

Hokkaido University-Université de Montréal-Université de Strasbourg Joint Symposium 2015(Sapporo, Japan, 2015/3/24)

Dual Emissive Ionic Liquid Based on an Anionic Cyclometalated Pt(II) Complex and an Imidazolium Cation

T. Ogawa, M. Yoshida, A. Kobayashi, M. Kato

Presentation Number: S4

 

 

化学系学協会北海道支部 2015年冬季研究発表会(北海道大学 札幌キャンパス・札幌・2015/1/27-28)

Ru(II)錯体配位子と希土類イオンから成る発光性フレームワークの構築と光物性

渡部 綾子・齋藤 英里佳・吉田 将己・小林 厚志・加藤 昌子
講演番号:1B09

 

嵩高いホスフィン配位子を用いたCu(I)単核錯体の合成及び発光特性

長谷川 達哉・大原 裕樹・吉田 将己・小林 厚志・加藤 昌子
講演番号:1B16

 

表面固定化を指向したリンカー部位を有する発光性ルテニウム(II)錯体の合成と物性

古郡 想悟・吉田 将己・小林 厚志・加藤 昌子
講演番号:P41

 

長鎖アルキル基を搭載したシクロメタレート型白金複核錯体の合成とマルチクロミック挙動

中島 愛梨・舌間 穂高・吉田 将己・小林 厚志・加藤 昌子
講演番号:P43

 

メソポーラス有機シリカ上への白金(II)錯体の固定化及びその光機能

齋藤 賢人・岡野 友香・吉田 将己・小林 厚志・前川 佳史・稲垣 伸二・加藤 昌子
講演番号:P44(優秀講演賞(ポスター部門)受賞!)

 

 

2014 International Conference on Artificial Photosynthesis (Awaji, Japan, 2014/11/24-28)

Surface ligand dependence of a photocatalytic hydrogen production system composed of photosensitizing quantum dots and 3d-metal molecular catalysts

K. Sawaguchi, M. Yoshida, A. Kobayashi, M. Kato
Presentation Number: P2-05

 

Syntheses, structures, and photo-induced hydrogen evolution of 3d transition metal complexes bearing o-phenylenediamine

M. Yoshida, S. Ueno, A. Usui, A. Kobayashi, M. Kato
Presentation Number: P2-20

 

 

第3回錯体化学若手の会北海道支部勉強会(北海道大学札幌キャンパス・札幌・2014/11/14)

強発光性銅(I)複核錯体のジホスフィン配位子による発光色制御

岡野 友香・大原 裕樹・吉田 将己・小林 厚志・加藤 昌子
講演番号:P-1

 

発光性白金錯体のイオン液体化とその特性

小川 知弘・吉田 将己・小林 厚志・加藤 昌子
講演番号:P-6

 

新規銅(I)多孔性配位高分子の構築とベイポクロミック発光

林 剛央・大原 裕樹・吉田 将己・小林 厚志・加藤 昌子
講演番号:P-9

 

 

第4回CSJ化学フェスタ2014(タワーホール船堀・東京・2014/10/14-16)

強発光性銅(I)複核錯体のジホスフィン配位子による発光色制御

岡野 友香・大原 裕樹・吉田 将己・小林 厚志・加藤 昌子
講演番号:P4-054 (優秀ポスター発表賞受賞!)

 

 

2014年光化学討論会(北海道大学 札幌キャンパス・札幌・2014/10/11-13)

すりつぶし法による強発光性ヨウ化銅(I)単核錯体の合成と発光特性

大原 裕樹・小林 厚志・加藤 昌子
講演番号:3B07

 

発光性白金(II)錯体の集積構造制御と光物性

重田 泰宏・吉田 将己・小林 厚志・加藤 昌子
講演番号:3P111

 

 

4th International Conference on Metal-Organic Frameworks and Open Framework Compounds(Kobe, Japan, 2014/09/28-10/1)

Photochemical properties of nano-crystallized photosensitizing porous coordination polymers composed of Ru(II)-metalloligand

E. Saitoh, A. Kobayashi, M. Kato
Presentation Number: P1-025

 

 

錯体化学会第64回討論会(中央大学 後楽園キャンパス・東京・2014/09/18-20)

電子吸引基を修飾したレドックス活性錯体配位子を用いた多電子酸化反応の探索

脇坂 聖憲・小林 厚志・加藤 昌子・松本 剛・張 浩徹
講演番号:1Fc-03

 

N^N 配位子架橋型Cu(I)多核錯体の配位環境と発光特性

阿良田 龍哉・吉田 将己・小林 厚志・加藤 昌子
講演番号:1Ac-04

 

新規銅(I)多孔性配位高分子の構築とベイポクロミック発光

林 剛央・大原 裕樹・吉田 将己・小林 厚志・加藤 昌子
講演番号:1Ac-05

 

Synthesis, Structures, and Photochromic Behavior of Acetamidato-bridged Mixed-valent Platinum Complexes Bearing a Cyclometalating Ligand

M. Yoshida, N. Yashiro, H. Shitama, A. Kobayashi, M. Kato
講演番号:1C-09

 

パラトリルピリジンを有するアニオン性白金(II)錯体の構造と発光特性

小川 知弘・吉田 将己・加藤 昌子
講演番号:1PF-006

 

アルキルカルボン酸を有する水素結合性Pt(II)錯体の合成と構造

蝦名 昌徳・吉田 将己・小林 厚志・加藤 昌子
講演番号:1PF-021

 

 

10th Hokkaido University-Nanjing University Joint Symposium(Rusutsu, Japan, 2014/08/22-23)

Syntheses of Flexible Porous Coordination Polymers Composed of Multifunctional Metalloligands

A. Kobayashi
Presentation Number: O-12

 

Ligand Substitution Effects on Vapochromic Diimine Platinum(II) Complexes

Y. Shigeta, M. Yoshida, A. Kobayashi, M. Kato
Presentation Number: P-2

 

Surface Ligands Dependence of Photocatalytic Hydrogen Evolution Ability of a Combined System of 3d Metal Complex Catalysts and Photosensitizing Quantum Dots

K. Sawaguchi, M. Yoshida, A. Kobayashi, M. Kato
Presentation Number: P-8

 

 

41th International Conference on Coordination Chemistry(Singapole, Singapole, 2014/07/21-25)

Ligand Substitution effect on a Vapochromic Diimine Platinum(II) Complex

Y. Shigeta, A. Kobayashi, M. Kato
Presentation Number: M-11

 

Syntheses and Photophysical Properties of Coordination Polymers Composed of Luminescent Ru(II)-metalloligands

E. Saitoh, T. Ohba, A. Kobayashi, M. Kato
Presentation Number: E-22

 

Binding of Metal Ions by Metalloligands with Redox-Active Metal and Ligands

M. Wakizaka, T. Matsumoto, A. Kobayashi, H.-C. Chang, M. Kato
Presentation Number: L-27

(SNIC Poster Prize Award!)

 

 

第2回錯体化学若手の会北海道支部勉強会(北海道大学札幌キャンパス・札幌・2014/7/18)

Photoinduced Hydrogen Evolution by Combined Systems of 3d Metal Complex Catalysts and Photosensitizing Quantum Dots

K. Sawaguchi, A. Kobayashi, M. Kato

 

 

26th International Conference on Organometallic Chemistry(Sapporo, Japan, 2014/07/13-18)

Synthesis and Photochromic Behavior of Acetamidato-bridged Mixed-valent Platinum Complexes bearing a Cyclometalating Ligand

M. Yoshida, N. Yashiro, H. Shitama, A. Kobayashi, M. Kato
Presentation Number: 1P185

 

 

このページの先頭へ