1.8 Åを超える「世界一長い炭素ー炭素単結合」の創出に成功 (有機化学第一研究室 鈴木孝紀教授・石垣侑祐助教)

有機化学第一研究室の鈴木教授、石垣助教らは、炭素―炭素単結合の標準結合長(1.54 Å)よりも17%も長い結合を有する有機化合物が存在することを実験的に証明しました。今回発見されたような1.8 Åを超える極めて長い炭素―炭素共有結合を「超結合」と呼ぶことを提唱しています。この成果は、Chem誌に掲載され、ほかの雑誌・新聞でも取り上げられています。

北海道大学からのプレスリリースはこちら、英文プレスリリースはこちら、論文はこちらからどうぞ。

 

tag