分極自在な有機強誘電体開発に成功 (固体化学研究室 稲辺保教授・原田潤准教授)

固体化学研究室の稲辺教授、原田准教授らは、球状の有機分子が回転している柔らかい分子性結晶が強誘電体となることを世界で初めて発見しました。この強誘電体は電場の方位を変えることで分極方向を3次元的に自由に変更できます。この成果は、Nature Chemistryに掲載されました。

北海道大学からのプレスリリースはこちら、英文プレスリリースはこちら、論文はこちらからどうぞ。

tag