ホーム > 研究活動

研究活動activity

[2019/3/1]

鎌田瑠泉助教、木村望君の論文がPLOS ONE誌に掲載されました。
Kamada R., Kimura N., Yoshimura F., Tanino K., Sakaguchi K., Inhibition of Lipid Droplet Formation by Ser/Thr Protein Phosphatase PPM1D Inhibitor, SL-176.  
PLOS ONE, 10.1371/journal.pone.0212682


[2018/12/21]

小笠原紗里君 (DC3)の論文がThe Journal of Biochemistry誌に掲載されました。
Ogasawara S., Chuman Y., Michiba T., Kamada R., Imagawa T. and Sakaguchi K.,
Inhibition of protein phosphatase PPM1D enhances retinoic acid-induced differentiation in human embryonic carcinoma cell line.
The Journal of Biochemistry, 2018. DOI 10.1093/jb/mvy119.


[2018/12/7]

伊藤祥吾君 (DC1) が10th International Peptide Symposium/第55回ペプチド討論会にて Poster Awardを受賞しました。
'Effect of Nucleophosmin Phosphorylation and Oligomerization on Abnormal Nucleolar Formation in PPM1D-hyperactivated Tumors'


[2018/11/7]

工藤風樹君 (DC2) が日本ペプチド学会より Travel Award (55th Japan Peptide Symposium/10th International Peptide Symposium) を受賞しました。


[2018/9/26]

工藤風樹君 (DC2) が第91回 日本生化学会大会にて 若手優秀発表賞を受賞しました。
'Ser/ThrホスファターゼPPM1Dの急性骨髄性白血病細胞分化・成熟における新規機能'
詳細:https://www.aeplan.co.jp/jbs2018/pdf/young.pdf


[2018/9/12]

鎌田瑠泉君(助教)の論文がProceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America誌に掲載されました。
Kamada R., Yang W., Zhang Y., Patel M.C., Yang Y., Ouda R., Dey A., Wakabayashi Y., Sakaguchi K., Fujita T., Tamura T., Zhu J., Ozato K.
Interferon stimulation creates chromatin marks and establishes transcriptional memory.
Proc. Natl. Acad. Sci. USA, 10.1073/pnas.1720930115

なお、本論文は北海道大学HPにおいて、press releaseされています。
https://www.hokudai.ac.jp/news/180911_pr.pdf


[2018/7/13]

工藤風樹君 (DC2) が第55回日本生化学会北海道支部例会にて優秀講演賞を受賞しました。
'プロテインホスファターゼPPM1Dの好中球分化における新規機能探索'

鶴岡樹君 (MC1) が第55回日本生化学会北海道支部例会にて優秀ポスター賞を受賞しました。
'シングルセル解析による癌抑制タンパク質p53を介した細胞ストレス応答多様性解析'


[2018/4/23]

坂口達也君(現 久留米大学医学部 助教)・J.I.B. Janairo君(現 Associate Professor, De la Salle University, フィリピン)によるreviewが
Protein & Peptide Letters誌に掲載されました。
Janairo J.I.B., Sakaguchi T., Mine K., Kamada R. and Sakaguchi K.
Synergic Strategies for the Enhanced Self-Assembly of Biomineralization Peptide for the Synthesis of Functional Nanomaterials
Protein & Peptide Letters, 10.2174/0929866525666171214110206
本reviewでは、当研究室で実施している多量体形成を基盤としたペプチド構造制御素子によるバイオミネラリゼーションペプチドの配向制御に関する研究を含めた、多量体化・自己組織化を介したバイオミネラリゼーション制御について興味深く概説しています。


[2018/2/13]

鎌田助教と卒業生の田野君の研究成果(PLOS ONE, 11: e0160625, 201)にもとにして、
蛍光プローブTAP-4PHがフナコシより” CytoSeeing"として商品化されました。
TAP-4PA (CytoSeeing)は、同部門有機化学第二研究室(谷野研究室)、徳島大学薬学部有機合成薬学研究室(難波研究室)との共同研究により開発され、
培地に添加するだけで細胞質を迅速に染色可能な新規蛍光プローブです。是非、お使いください。
報告論文:Effective Cellular Morphology Analysis for Differentiation Processes by a Fluorescent 1,3a,6a-Triazapentalene Derivative Probe in Live Cells
商品詳細:CytoSeeing <Reversible Cytoplasm Blue>


[2017/12/2]

戸口侑君 (DC3) の論文がChemistry Letters誌に掲載されました。
Toguchi Y., Kamada R., Kanno M., Imagawa T. and Sakaguchi K.
Quantitative Single Cell Analysis for Transcriptional Activity of p53 Hetero-tetramers between Wild-type Protein and Oligomerization Domain
Chemistry Letters, DOI 10.1246/cl.170980.


  1|2|3|4|5|6|7 次へ >