吉村 修隆

吉村 修隆/YOSHIMURA Nobutaka D2

北海道大学 大学院総合化学院 物質化学コース D2

 

居室:理学部7号館5-06室

TEL:011-706-3819

FAX:011-706-3447

yoshimura

 

コメント等

生まれ:東京都八王子市

趣味:将棋、麻雀、確率計算

特技:筆算

特徴:声が大きい(1 km届くらしいです)

血液型:O型

星座:おうし座

 

学会発表・論文発表歴

1 Vapochromic Luminescence of a Spin-coated Copper(I) Complex Thin Film by the Direct Coordination of Vapour Molecules
S. Kondo, N. Yoshimura, M. Yoshida, A. Kobayashi, M. Kato
Dalton Trans. 2020, 49, 16946–16953.
2 Enhancement of Photocatalytic Activity for Hydrogen Production by Surface Modification of Pt-TiO2 Nanoparticles with a Double Layer of Photosensitizers
N. Yoshimura, A. Kobayashi, M. Yoshida, M. Kato
Chem. Eur. J. 2020, 26, 16939–16946.
3 Photosensitizing Ruthenium(II)-Dye Multilayers: Photoinduced Charge Separation and Back Electron Transfer Suppression
N. Yoshimura, A. Kobayashi, W. Genno, T. Okubo, M. Yoshida, M. Kato
Sustainable Energy&Fuels 2020, 4, 3450–3457.
4 A Systematic Study on the Double-layered Photosensitizing Dye Structure on the Surface of Pt-cocatalyst-loaded TiO2 Nanoparticles
N. Yoshimura, A. Kobayashi, M. Yoshida, M. Kato
Bull. Chem. Soc. Jpn. 2019, 92, 1793–1800.
5 Two-step Vapochromic Luminescence of Proton-conductive Coordination Polymers Composed of Ru(II)-metalloligands and Lanthanide Cations
A. Kobayashi, K. Shimizu, A. Watanabe, Y. Nagao, N. Yoshimura, M. Yoshida, M. Kato
Inorg. Chem. 2019, 58, 2413–2421.
6

Photocatalytic hydrogen production by hybrid photocatalyst composed of layered niobate nanoparticles with multilayered Ru(II) dyes in the presence of redox mediators

N. Yoshimura, A. Kobayashi, M. Yoshida, T. Kondo, R. Abe, M. Kato

日本化学会第101春季年会 オンライン開催・2021/3/19-22 講演番号:A06-2pm-01

7

Ru(II)錯体を多層固定させた層状ニオブ酸ハイブリッド光触媒による高効率可視光水素発生

吉村 修隆・小林 厚志・吉田 将己・近藤 智紀・阿部 竜・加藤 昌子

複合系の光機能研究会オンラインライジングスター研究会 オンライン開催・2020/11/7 講演番号:O-03

8

色素多層固定化ナノ粒子光触媒の表面構造制御による光水素発生触媒能増強

吉村 修隆・小林 厚志・吉田 将己・加藤 昌子

2020年web光化学討論会 オンライン開催・2020/9/9-11 講演番号:1P057

9

ヘキサシアニド鉄酸イオンを電子源とした色素多層化ナノ粒子による光水分解系の構築

吉村 修隆・小林 厚志・吉田 将己・加藤 昌子

日本化学会第100春季年会 東京理科大学野田キャンパス・野田・2020/3/22-25 講演番号:2B1-18(講演会中止により要旨のみ)

10

Zスキーム型光水分解を指向した色素多層固定化光触媒ナノ粒子の光水還元反応

吉村 修隆・小林 厚志・吉田 将己・加藤 昌子

化学系学協会北海道支部2020年冬季研究発表会 北海道大学札幌キャンパス・札幌・2020/1/28-29 講演番号:1B02(優秀講演賞(口頭部門)受賞!)

11

様々な電子伝達剤を用いたルテニウム(II)色素多層固定化ナノ粒子光触媒の水素発生反応

吉村 修隆・小林 厚志・吉田 将己・加藤 昌子

錯体化学若手の会北海道地区第8回勉強会 北海道大学札幌キャンパス・札幌・2019/11/15 講演番号:P-02

12

ルテニウム(II)色素多層固定化ナノ粒子光触媒の水素発生反応における電子伝達剤依存性

吉村 修隆・小林 厚志・吉田 将己・加藤 昌子

第9回CSJ化学フェスタ2019 タワーホール船堀・東京・2019/10/15-17 講演番号:P6-069

13

電子伝達剤を電子源としたRu(II)光増感剤多層固定化光触媒ナノ粒子の光水素発生反応

吉村 修隆・小林 厚志・吉田 将己・加藤 昌子

錯体化学会第69回討論会 名古屋大学東山キャンパス・名古屋・2019/9/21-23 講演番号:1Ca-07

14

ルテニウム(II)色素多層固定化ナノ粒子光触媒の水素発生反応における電子伝達剤依存性

吉村 修隆・小林 厚志・吉田 将己・加藤 昌子

2019年光化学討論会 名古屋大学東山キャンパス・名古屋・2019/9/10-12 講演番号:1P118

15

Electron donor dependence of photocatalytic hydrogen production driven by multilayered ruthenium(II) dyes-sensitized nanoparticle photocatalysts

N. Yoshimura, A. Kobayashi, M. Yoshida, M. Kato

The 23rd International Symposium on the Photophysics and Photochemistry of Coordination Compounds, Hong Kong, China, 2019/7/14-19 Presentation Number: P-129

16

ヨウ化物イオンを電子源としたルテニウム(II)増感色素多層固定化光触媒ナノ粒子による水の光還元反応

吉村 修隆・小林 厚志・吉田 将己・加藤 昌子

日本化学会第99春季年会 甲南大学岡本キャンパス・神戸・2019/3/16-19 講演番号:4D2-29

17

低犠牲試薬濃度条件における高活性水還元系の合成と触媒活性

吉村 修隆・小林 厚志・吉田 将己・加藤 昌子

錯体化学若手研究会「錯体化学若手の会夏の学校2018」 アヤハレークサイドホテル・大津・2018/9/20-22 講演番号:P065

18

Photocatalytic hydrogen production by nanoparticle photocatalyst immobilized multilayered ruthenium(II) photosensitizers

N. Yoshimura, A. Kobayashi, M. Yoshida, M. Kato

43rd International Conference on Coordination Chemistry, Sendai, Japan, 2018/7/30-8/4 Presentation Number: S33-P12

19

Ru(II)光増感層を複数層固定化した光触媒ナノ粒子の系統的合成と光水素発生触媒能

吉村 修隆・小林 厚志・吉田 将己・加藤 昌子

錯体化学会第68回討論会 仙台国際センター・仙台・2018/7/28-30 講演番号:2C-01

20

ルテニウム(II)増感色素を多層固定化した光触媒ナノ粒子による水の光還元反応

吉村 修隆・小林 厚志・吉田 将己・加藤 昌子

日本化学会第98春季年会 日本大学船橋キャンパス・船橋・2018/3/20-23 講演番号:3A7-30

21

ルテニウム(II)光増感剤を多層固定化した光触媒ナノ粒子による水の光還元反応

吉村 修隆・吉田 将己・小林 厚志・加藤 昌子

化学系学協会北海道支部2018年冬季研究発表会 北海道大学札幌キャンパス・札幌・2018/1/16-17 講演番号:1C02

このページの先頭へ