学会発表

|| 2019年 || 2018年 || 2017年 || 2016年 || 2015年 || 2014年 || 2013年 || 2012年 || 2011年 |

2019年

  • NOST Organic Chemistry & Biomolecular Chemistry Conference, 2019.11.6–8, Melbourne, Australia
    Ligand-Enabled Selective Borylation of C(sp2)–H and C(sp3)–H Bonds
    澤村正也 (招待講演)
  • 第23回ケイ素化学協会シンポジウム, 2019.11.1-2, フェニックス・シーガイア・リゾート, 宮崎県宮崎市
    シリカまたはポリスチレンと第3級ホスフィンの機能融合に基づく金属錯体触媒の設計
    岩井智弘 (依頼講演)

    ヒドロシランおよびフッ化アシルを用いたビニルアレーンのニッケル/銅協働触媒ヒドロアシル化反応
    上田 悠介・岩井智弘澤村正也(ポスター, P02)
  • 分子環境相関論オータムセミナー2019, 2019.10.21, 京都大学 吉田南キャンパス, 京都府京都市
    空間制御に基づく配位子設計と触媒開発
    岩井智弘 (招待講演)
  • The 14th International Conference on Cutting-Edge Organic Chemistry in Asia (ICCEOCA-14), 2019.9.26-29, Niseko, Japan
    Boron Catalyst and Visible Light-Driven α-Allylation of Carboxylic Acids
    Yohei Shimizu, Masato Ueno, Masaya Sawamura (Poster, PC3)

    Polystyrene-Cross-Linking Phosphines for Organometallic Catalysis
    Tomohiro Iwai, Masaya Sawamura (Poster PC30, ACP Lectureship Award)

  • The 9th Junior International Conference on Cutting-Edge Organic Chemistry in Asia (Junior ICCEOCA-9), 2019.9.23-25, Busan, Korea
    Catalytic Enantioselective C(sp3)–H Borylation: Mechanism and Applications
    Masaya Sawamura (Invited)
  • 第36回有機合成化学セミナー, 2019.9.17-19, 長良川国際会議場/ぎふ長良川温泉「ホテルパーク」, 岐阜県岐阜市
    キラルプロリノール-ホスフィン-銅触媒によるα-アルキリデン-β-ラクタムの不斉合成
    今井洸児・高山ゆりえ・村山大明・大宮寛久・清水洋平・澤村正也(ポスター, P-22)
  • 第66回有機金属化学討論会, 2019.9.14-16, 首都大学東京 南大沢キャンパス, 東京都八王子市
    1,4-ジオキサンを水素源とするイリジウム触媒水素移動型還元反応
    岩井智弘・張徳良・澤村正也(ポスター, P2-35)

    窒素隣接C(sp3)–H結合のロジウム触媒不斉ホウ素化反応
    Ronald Reyes佐藤優美
    ・岩井智弘・澤村正也(ポスター, P2-43)

    ホウ素触媒と可視光が駆動するカルボン酸α位アリル化反応
    清水洋平・上野雅人・澤村正也(ポスター、P3-01)

  • 1st International Conferences on Noncovalent Interactions (ICNI-2019), 2019.9.2-6, Lisbon, Portugal
    Noncovalent Interactions in Ir-Catalyzed Enantioselective C(sp3)–H Borylation
    Masaya Sawamura (lnvited)
  • 7th Latin American Symposium on Coordination and Organometallic Chemistry, 2019.8.27-30, Cartagena de Indias, Colombia
    Catalytic Enantioselective C(sp3)–H Borylation
    Masaya Sawamura (lnvited)
  • 20th IUPAC International Symposium on Organometallic Chemistry Directed Towards Organic Synthesis (OMCOS20), 2019.7.21-25, Heidelberg, Germany
    Asymmetric Synthesis of α-Aminoalkylboronates through Rh-Catalyzed Enantioselective C(sp3)–H Borylation
    Masaya Sawamura, Ronald Reyes, Tomohiro Iwai, Satoshi Maeda (Oral)

    Nickel-Copper-Catalyzed Hydroacylation of Vinylarenes with Acyl Fluorides and Hydrosilanes
    Yusuke Ueda, Tomohiro Iwai, Masaya Sawamura (Poster, Poster Award)
  • 第31回 万有札幌シンポジウム, 2019.7.6, 北海道大学工学部オープンホール,  北海道札幌市
    Iridium-Catalyzed Alkene-Selective Transfer Hydrogenation with 1,4-Dioxane as Hydrogen Donor
    Deliang Zhang, Tomohiro Iwai, Masaya Sawamura(ポスター, P-19)
  • The 47th Naito Conference on "C-H Activation and Transformation", 2019.7.2–5, Chateraise Gateaux Kingdom Sapporo,  Sapporo, Japan
    Enantioselective Methylene C(sp3)–H Borylation
    Masaya Sawamura (Invited)
  • Hokkaido Summer Symposium 2019 on Catalysis for Organic Synthesis, 2019.7.1–2Hokkaido University, Sapporo, Japan
    Carboxylic Acid-Selective Enolate Formation

    Yohei Shimizu (Invited)
  • 第52回有機金属若手の会 夏の学校, 2019.6.24–26, 倉敷せとうち児島ホテル, 岡山県倉敷市
    固体と分子の融合による触媒デザイン
    岩井智弘 (依頼講演)
  • 九州大学工学部 講演会, 2019.5.30, 九州大学伊都キャンパス, 福岡県福岡市
    高分子反応場を利用した触媒デザイン
    岩井智弘 (招待講演)
  • 第29回 万有福岡シンポジウム, 2019.5.25, 九州大学医学部百年講堂, 福岡県福岡市
    Catalytic Enantioselective Borylation of Methylene C–H Bonds
    Ronald Reyes, Tomohiro Iwai,  Satoshi Maeda, Masaya Sawamura(P-2, poster, Invited)
  • The 27th French-Japanese Symposium on Medicinal and Fine Chemistry, 2019.5.19-22, Fukuoka, Japan
    Ligand-Enabled Selective Borylation of C(sp2)–H and C(sp3)–H Bonds
    Masaya Sawamura (Invited)
  • 新学術領域研究「精密制御反応場」第7回公開シンポジウム, 2019.5.16-17,  東北大学工学研究科, 宮城県仙台市
    ポリスチレン架橋ホスフィン配位子を用いた触媒開発の展開
    澤村正也 (招待講演)
  • 第9回有機分子構築法夏の勉強会, 2019.5.11–12, 和光純薬工業湯河原研修所, 神奈川県熱海市
    ホウ素触媒と可視光が駆動するカルボン酸α位アリル化反応
    清水洋平(口頭)
  • 日本薬学会第139年会, 2019.3.20-23,  ホテルニューオータニ幕張, 千葉県千葉市
    触媒の特性を活かした化学選択的反応の開発
    清水洋平 (受賞講演、薬学会奨励賞)
  • 日本化学会 第99春季年会 (2019), 2019.3.16-19, 甲南大学 岡本キャンパス, 兵庫県神戸市
    Catalytic Asymmetric Borylation of Methylene C–H Bonds
    Ronald Reyes, Tomohiro Iwai,  Satoshi Maeda, Masaya Sawamura(1H4-37, Oral, 優秀講演賞(学術)