量子化学研究室について

近年の分子理論の進展、計算機の高性能化、多彩な量子化学計算プログラムの普及により、計算化学には実験データの再現や解釈を越え、実験研究を先導する強力なツールとしての役割が期待される時代になりました。量子化学研究室では、電子状態計算に基づき化学反応のメカニズムとダイナミクスを調べることのできる理論計算スキームの確立を目指し、 ab initio molecular dynamics(AIMD)法ならびにGlobal Reaction Route Mapping (GRRM)戦略に基づく理論・プログラムの開発を進めています。

  • 最近の研究紹介最近の研究紹介
  • 論文リスト論文リスト

新着情報

一覧を見る

RSS