北海道大学 大学院理学研究院 化学部門 分析化学研究室
研究概要
ナノ構造の光物性は、構造体のサイズ・形状や構造間距離に強く依存します。しかしながら、従来の化学的な方法により合成したナノ構造体を基板上に敷き詰めるだけでは、構造間距離に強く依存する共鳴現象の本質はわかりません。我々は、プラズモン共鳴を示す金属やグラフェン・半導体(遷移金属ダイカルコゲナイド層状化合物)等のナノ構造を対象として、高度微細加工技術によりシングルナノメートルの分解能で精緻に作製する方法を開拓し、ナノ構造間あるいはナノ構造/分子間における相互作用の物理・化学的描像を各種分光計測法やフェムト秒時間分解計測により明らかにすることを目的として研究を進めています。特に、制御されたナノ構造体の光物性と分析化学研究への展開(新しい化学計測法の開発)を行うとともに、分子/物質系の励起状態緩和ダイナミクスや振動緩和ダイナミクス等の化学過程を光場によって制御(Purcell効果や赤外urcell効果)することによって引き起こされる化学反応制御について関心を持って取り組んでいます。

トピックス
2024年2月9日 R5年度第二回後期顔合わせゼミを行いました。

2024年2月7日 3年生の扇穂乃花さん、関戸建琉君、中村橋太郎君、本田悠透君、眞鍋颯太君が研究室に配属されました。

2024年1月30日 JSTのさくらサイエンスプログラムとして札幌啓成高校への留学生が来研し、上野教授が研究紹介を行いました。

2024年1月30日 ストラスブルグ大学のPetra Hellwig教授が研究室を訪問され、上野教授と龍ア准教授がそれぞれ研究紹介を行いました。

2024年1月23・24日 化学系学協会北海道支部2024年冬季研究発表会が北海道大学で開催され、加納さんが口頭発表、秋田君、井上さん、仁木君がポスター発表を行いました。


2024年1月21日 武内君の論文がThe Journal of Physial Chemistry C誌にアクセプトされました。

2024年1月6日 日本分析化学会北海道支部主催第59回氷雪セミナー(千歳)に研究室多数で参加して来ました。

2024年1月5日 二期生の志釜君が研究室を訪問して下さり、新年会を開催しました。

2023年26・27日 第6回学術変革領域「2.5次元物質科学研究」領域会議(名古屋大学)において、上野教授、今枝助教、野本君が発表を行いました。

2023年12月13日 物質材料研究機構(NIMS)で開催されたHokkaido University - NIMS student seminarで上野教授が依頼講演を行いました。

2023年12月2日 京都で開催された第1会ナノシステム研究会において上野教授が講演をしてきました。

2023年11月27日 メルボルンで開催されたThe 12th Asian Photochemistry Conference (APC2023)において上野教授がチュートリアル講演と依頼講演を行いました。


2023年11月17日 第25回プラズモニック化学シンポジウムを大阪大学 医学・工学研究科東京ブランチ(日本橋ライフサイエンスビル)で開催しました。

2023年11月10日 二期生の宮ア君が研究室を訪問して下さいました。

2023年10月31日 来年1月6日・7日に千歳で日本分析化学会北海道支部主催第59回氷雪セミナーを上野教授が担当幹事として開催します。

2023年10月18日 東京で開催された第13回CSJ化学フェスタに参加し、M2の素さんがポスター発表を行いました。

2023年10月5日 R5年度後期顔合わせゼミを行いました。

2023年10月3日 2年生の学生実験(化学実験T)が始まりました。

2023年9月28日 武内君が日本学術振興会特別研究員(DC2)に採用が内定しました。


2023年9月25日 学術変革領域「2.5次元物質科学」第2回若手交流会が理学部で開催されました。


2023年9月13-15日 熊本で開催された日本分析化学会第72年会に参加し、龍ア准教授と井上くんが口頭発表、秋葉さんと加藤くんがポスター発表を行いました。

2023年9月11日 Wangさん、銭さんの追いコンが行われました。

2023年9月8日 北海道札幌啓成高等学校SSHで高校生が来研し、光化学反応や計測の実験を体験しました。

2023年9月7日 2023年光化学討論会において、M2の野本君が優秀学生発表賞(ポスター部門)を受賞しました。

2023年9月5-7日 広島で開催された2023年光化学討論会に参加し、今枝助教が口頭発表、武内くん、野本くん、豊岡さん・矢藤さん・加納さんがポスター発表を行いました。

2023年9月3日 旭川で開催された日本化学会北海道支部2023年夏季研究発表会(創立75周年記念大会)に参加してきました。

2023年9月1日 国立陽明交通大学の増原先生との共同研究がJPC-C誌にアクセプトされました。

2023年8月20日 SPIE Optics + Photonics 2023がサンディエゴで開催され、上野教授が招待講演を、武内くん、井上くん、橋さん、野本くん、秋葉さん、牛越くんがポスター発表を行いました。

2023年8月3日 夢・化学-21 化学への招待 北海道大学化学系への二日体験入学を上野教授が実行委員長として開催しました。高校生にもフォトレジストを用いた光化学反応の実験を体験して頂きました。

2023年8月2日 学術変革領域「2.5次元物質科学:社会変革に向けた物質科学のパラダイムシフト」の第1回公開シンポジウムがオンラインで開催され、上野教授が班長講演をしました。

2023年7月27日 ICP2023で来札中のKU LeuvenのLouis博士、Obach博士、筑波大の久保先生、上智大の横田先生、藤田さんが研究室の見学に来て下さいました。

2023年7月23日 The 31st Internationl Conference on Photochemistry (ICP2023)がパークホテルで開催され、上野教授と龍ア准教授が口頭発表、今枝助教、Wangさん、銭さん、高橋くんがポスター発表を行いました。また、事務局として会の開催をサポートするとともに、学生たちが運営を手伝ってくださいました。

2023年7月13日 M2の高橋君が、タイのバンコクで開催されている25th Asian Athletics Championships 2023 1500m Finalにおいて2位となりました。

2023年7月10日 院試壮行会が開催されました。

2023年7月8日・9日 今枝助教が日本分析化学会北海道支部の幹事として第39回緑陰セミナーを開催致しました。緑陰セミナーでは、D1の武内君とM2の野本君がポスター賞を受賞しました。

2023年7月6日 令和5年度前期総まとめゼミが開催されました。

2023年6月9日 龍ア先生お子様のご誕生祝、M2就職活動お疲れ様会、高橋くん日本選手権2位おめでとうございますの会を開催しました。

2023年6月2日 M2の高橋君が日本選手権男子1500mで2位になり、表彰台に登りました。

2023年4月7日 M1の矢藤さんの歓迎会を行いました。

2023年4月7日 2年生安全講習等ガイダンスを行いました。

2023年4月3日 令和5年度前期研究室キックオフミーティングを行いました。

2023年4月1日 明治記念館においてInternational Workshop on Light Matter Coupling 2023 (IWLMI2023) -Prof. Hiroaki Misawa Final Lecture-を開催しました。


トピックス一覧
Copyright (c) 2019 - 2022 Ueno Lab. All Rights Reserved