北海道大学 大学院理学研究院 化学部門 分析化学研究室
研究概要
ナノ構造の光物性は、構造体のサイズ・形状や構造間距離に強く依存します。しかしながら、従来の化学的な方法により合成したナノ構造体を基板上に敷き詰めるだけでは、構造間距離に強く依存する共鳴現象の本質はわかりません。我々は、プラズモン共鳴を示す金属やグラフェン等のナノ構造を対象として、高度微細加工技術によりシングルナノメートルの分解能で精緻に作製する方法を開拓し、ナノ構造間あるいはナノ構造/分子間における相互作用の物理・化学的描像を各種分光計測法やフェムト秒時間分解計測により明らかにすることを目的として研究を進めています。特に、制御されたナノ構造体の光物性と分析化学研究への展開(新しい化学計測法の開発)について関心を持って取り組んでいます。
トピックス
2021年12月8日 分析化学研究室に配属が決定した学生は12月9日の13:00に6-7-01室に集合して下さい。よろしくお願い致します。

2021年11月11日 大阪市立大学の坪井研究室と合同セミナー「光によるナノ物質の操作と相互作用」を行い、当研究室から管 禹童君、坂本ひよりさんが口頭発表を行いました。

2021年11月11日 企業との共同研究の論文がNature Communications誌に掲載され、プレスリリースを行いました。

2021年10月1日  Wang Peixinさん、銭 熊君宜さんが総合化学院の修士課程に進学しました。留学生の素 雅さんが研究生として加わりました。


2021年9月22日 日本分析化学会第70年会において北島雄人君、坂本ひよりさん、福本雄真君、武内浩輝君、宮ア 凜君が口頭発表を行いました。

2021年9月15日 2021年光化学討論会において岳 俊峰君、管 禹童君、許 殷豪君、武内浩輝君、宮ア 凜君がポスター発表を行いました。

2021年9月10日 文部科学省科学研究費補助金「学術変革領域研究(A)」(2.5次元物質科学:社会変革を目指した物質科学のパラダイムシフト 領域代表:吾郷浩樹)に採択され、総括班・研究計画班(A05班)として参画することとなりました。

2021年7月29日 The 21st IEEE International Conference on Nanotechnology (IEE Nano 2021)において上野教授が依頼講演を行いました。

2021年7月19日 International Conference on Photochemistry (ICP 2021)において上野教授が一般講演(口頭)、今枝助教が一般講演(ポスター)を行いました。

2021年7月15日 前期総まとめ研究報告会を行いました。また、その後に4年生院試壮行会を行いました。

2021年7月5日 Optics and Photonics Congress 2021 OSK-OSA-OSJ Joint Sumposia on Opticsにおいて上野教授が依頼講演を行いました。

2021年6月27日 The 5th A3 Metamaterial Symposiumにおいて上野教授が依頼講演を行いました。

2021年4月1日 三浦准教授が物質化学研究室に配置替えとなりました。藤井助教が、木更津工業高等専門学校の准教授としてご栄転されました。青山学院大学から、武内浩輝君と福本雄真君が新M1として、留学生の銭 熊君宜さんが研究生として加わりました。錯体化学研究室のISP助教 孫 宇先生が分析化学研究室に配置換えとなりました。

2021年3月10日 3年生が5名加わりました。17:30から顔合わせミーティングをZOOMを用いたweb会議システムにより行いました。

2021年3月9日 日本表面真空学会東北・北海道支部において上野教授が市民講座(Web)を行いました。

2021年3月4日 徳島大学ポストLEDフォトニクス研究所の研究会(Web)において、上野教授が依頼講演を行いました。

2021年2月14日 M1北島君の結合系プラズモニックナノ構造による分子検出に関するレビューがRSCのNanoscale誌にアクセプトされました。

2021年1月26・27日 B4の加藤君、坂本さん、志釜君、宮ア君、平光君が化学系学協会北海道支部2021年冬季研究発表会において学会発表を行いました。

2021年1月15日 2020年度 日本分光学会北海道支部シンポジウムに参加し、上野教授が依頼講演を行いました。

トピックス一覧
Copyright (c) 2019 - 2020 Ueno Lab. All Rights Reserved