ホーム > 沿革

沿革

昭和38年12月 木村雅男 名古屋大学から設立準備のため化学科に着任
昭和39年4月 構造化学講座創設(化学第2学科) 担当教授 木村雅男
昭和39年7月 飯島孝夫 東京大学より助教授として着任
昭和40年4月 小中重弘 東京大学より助手として着任
昭和44年10月 井川駿一 東京工業大学から助手として着任
昭和51年5月 小中重弘 講師に昇任
昭和52年6月 飯島孝夫 学習院大学に転出
昭和52年10月 小中重弘 助教授に昇任
昭和53年1月 福士顕士 北海道大学より助手として採用
昭和54年7月 井川駿一 講師に昇任
昭和60年3月 木村雅男 定年退官
昭和61年1月 小中重弘 教授に昇任
昭和61年3月 福士顕士 文部省に転出
昭和61年10月 井川駿一 助教授に昇任
昭和61年10月 江川徹 東京大学より助手として採用
平成元年4月 竹内浩 北海道大学より助手として採用
平成7年4月 井川駿一 教授に昇任
平成11年7月 江川徹 講師に昇任
平成15年3月 小中重弘 定年退官
平成17年3月 井川駿一 定年退職
平成17年4月 石森浩一郎 京都大学より教授として着任
平成17年9月 内田毅 自然科学研究機構分子科学研究所より助手として着任
平成19年4月 江川徹 北里大学に転出
平成25年6月 内田毅 准教授に昇任
平成26年10月 齋尾智英 ラトガース大学より助教として着任

このページの先頭へ